Decoっぱちな夜

読書感想文

 お盆だ。
早朝、お墓参りに行き、
午前中、檀家まわりの坊主が来て終わりだ。

 あとはお盆といってもやることはない。
ヒマなので、ブックオフへ。
ブックオフもヒマらしく、閑散としている。
女店員のインフォだけが、むなしく?響く。

 「コミック○○、入りました~~~」
 「コミック■■もございま~~~す」

 残念ながら、目的の本はなかったが、
目に付いた文庫を2冊購入する。900円也。
ブックオフといえども、それほど安くはない。

 1冊は海外ミステリーで、ちょっと分厚いので後に回し、
東野圭吾の「あの頃ぼくらはアホでした」を読み始める。
著者のチビッコ時代から大学時代までの青春記だ。

 ほぼ同世代といっていいから、
エピソードがいちいち自分とシンクロしておもしろい。
特に、チビッコ時代の読書感想文に苦しんだくだりは、笑うほど似ている。

 読書好きの父親と姉がいて、
家に世界児童文学全集があるところなんか、そっくりだ。
こういう家庭の弟は、読書嫌い、本アレルギーに決まってる・・・

・・・つづく
[PR]
by deco-kubo23 | 2005-08-14 00:32 | In My Life
<< あの頃ぼくらはアホでした KILL BULI >>