Decoっぱちな夜

ソクラテスの弁明

 友人からメールが入る。
 
「日本は弱い」と旦那がフテ寝したと・・・(笑)

気持ちはわかる。
確かに決して強くはない。

でも、昨夜の試合はブラジルでも勝てない。

あのアホ審判のおかげで、試合がボコボコにされた。
ちゅーか、審判が試合を作ってしまった。


たとえば・・・

中田がボールを持ち、前に出ようとする。
反則のタックルが入る。ヒデが、あのヒデが倒れる。

んが、ホイッスルは鳴らない・・・ゲームは途切れない。

中田がボールを持った時点で、
日本選手の“気持ち”も前を向いている。

そこで倒されると、まず1回“気持ち”が切れる。
しかも「反則だろ」と判断してしまうから、
“気持ち”はそこで止まる・・・

というか、体重が後ろにかかる感じだ。逆にね。

ところがギッチョン、ゲームは止まっていない。
「エーーーッ」

・・・ウソだろ
と思っているスキに、速攻がくる。

これはツラい。
しかも、これが1回や2回じゃないから、たまらない。

おまけに、日本のなんでもないプレーは反則になる。
よくぞ、よくぞガマンしたものだと・・・。

エライなぁ、アイツら、若いのに。

つまり、あんなもんサッカーでもなんでもないので
勝とうが負けようが、どーでもいいんです。

以上、ジーコの友人、ソクラテスの弁明でした。

・・・誰がソクラテスじゃ!
[PR]
by deco-kubo23 | 2005-10-13 22:55 | In My Life
<< 126周年 計量の日 2 >>