Decoっぱちな夜

<   2005年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

火の星

知り合いのおばあちゃんが、養護老人ホームへ入った。

引越しを手伝ったウチの母親は宣言した。

「わたしは、はってでもウチにいる」

自ら望んで、そういう場所を選ぶ人もいるだろうし、

理由はさまざまだろうけど・・・・・・。

どんな立派な施設でも、どんな手厚い看護でも、

癒せないものがある。
[PR]
by deco-kubo23 | 2005-10-31 20:26 | In My Life

5万円

楽天・M谷の“ウンコもらし顔”を見ていると

頭がよくて、先見の明があって、カネを持っていても

つまらんヤツは顔に出るもんだなぁと・・・。

ヴィッセル・神戸を散々食い散らかし、

仙台では野球に手を出し、今度はテレビ局だと。

メディアは今やれっきとした『勝ち組』だから

どーなろーと知ったこっちゃないが、

サッカー界からは、とっとと出て行ってくれないかな。

サッカーが腐る。


アルゼンチンを放浪していた宗教学者が

大西洋を見ながらでしゃべっていた・・・・・・・

「日本の航空会社の事故で亡くなったインド人の家族が、
 
 その会社に求めた損害賠償の額は、ひとり5万円だそうです・・・

 人の価値なんて、5万円くらいのものなんです。

 人はみんな神様になるんです。死ぬときはみんな幸せなんです」


何千億円の商売は、そりゃあ面白いだろうが、

ウンコもらし顔の彼も、死ぬときゃ5万円ぐらいのもんだ。
[PR]
by deco-kubo23 | 2005-10-28 22:18 | In My Life

計量の日 4

d0061608_0103954.jpg 
ほぼ、76キロに。 うれしいよ~~~(感涙)

といっても、

フットサルで大汗かいて、

風呂にも入った後の計量だからね。


でも、モチベーションは上がるぞ。 “はりあい” ってヤツですか・・・。

礼服のズボンのボタンが、ほんの少し楽にかけられるのが、うれしい。

うーん、なんてささやかな・・・・・・
[PR]
by deco-kubo23 | 2005-10-27 00:20 | 目方の味方

QueenとKueen

Queenが来日した3日前、
Kueenを見た^^

フレディ役のおっさんは、
チビ・デブ・ハゲの三拍子が完璧にそろっていた(笑)

でも、そんな彼の日常に同情する必要はない。

だって、フレディになった彼は・・・・・・

奥田民生とサンボマスターをスタンディングさせたのだから。

d0061608_2254285.jpg
[PR]
by deco-kubo23 | 2005-10-25 22:56 | In My Life

真夜中を突っ走れ


d0061608_21124430.jpg


 土曜日に“お呼ばれ”されたもんで・・・

甲府の街を南から北へ、北から南へと往復した

・・・・・・チャリで!

 チャリで走ると、我が街の傾斜ぶりがよくわかる。
北から南へゆるやかに傾いている・・・・・・。

 ♪往きはよいよい、帰りは怖い・・・じゃなくて、反対だ。

 往きはヒイヒイ、帰りはスイスイってとこだ。
酔っ払い運転で、下り坂をカッ飛んでいくのは気持ちがいい((笑)

・・・・はりっついて死ぬぞっ、おっさん!

 でも反対だったら・・・家の位置がね。
事実その友達は、酔っ払ってチャリで坂を上る途中
心臓が連打連打で・・・・・死にかけたそうだ^^

 どっちみち死ぬのに変わりはないのなら、

 チャリの日は、坂の上で飲むに限る。
[PR]
by deco-kubo23 | 2005-10-24 21:50 | In My Life

計量の日 3


d0061608_230491.jpg

ようやく・・・1キロダウン!

長くまがりくねった道が・・・・・・。
[PR]
by deco-kubo23 | 2005-10-21 23:00 | 目方の味方

情けねー

ウィンドウズ、いかれる

泣く泣く、初期状態へ・・・・・・クーッ

HPは当分更新できそうもない。

しばらく、ブログでいっとくか。

 ※ サッカー関係はこちらをどうぞ→My life as a football
[PR]
by deco-kubo23 | 2005-10-20 21:45 | In My Life

日本全国、吹奏楽の旅


d0061608_11531294.jpg


所さんちのは、高校生だが、

こっちは中学生バージョンだ。

全国大会で金賞をもらってきた凱旋の日。

凱旋にふさわしく、会場始まって以来、空前の大入りだそうだ。

金賞にふさわしく、自信に満ちた演奏が心地よい。

♪「A列車で行こう」では、3人がソロを吹いた。

さすがにアドリブはまだ拙いものの、

バンド全員で魅せるパフォーマンスは、ノリもよくスウィングしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウチのアヤカっちは、(といっても、わたしの娘じゃないが)

一度聞いただけでは覚えられない名前の、デカい管を吹いている。

可憐な娘が、地味でめだたない役割を黙々とこなしていく。

がんばり屋の娘が、楽しげに演奏しているのを見るのはいいものだ。


スポットライトはバンド全員にあたっている。

バンドそのものに光が降り注いでいるかのようだ。

あと2年このバンドを見ることができるのは、ちょっと幸福だ。
[PR]
by deco-kubo23 | 2005-10-17 12:23 | In My Life

126周年

 母校から同窓会の案内がくる。

へぇ~、126周年だそうだ。

同封された《実行委員会役員名簿》の“役職”の中に
「医師部会長」と「歯科医師部会長」ってのがある。

・・・ちなみに医師部会長の方が、歯科医師部会長より
   上位に掲載されている(笑)

私としては、「大工部会長」とか「土方部会長」
あるいは、「無職部会長」「失業部会長」なんかも必要だと思うが・・・。

  
 この記事自体、漢字ばっかりで読む気もおこらんだろうなぁ(ため息)
[PR]
by deco-kubo23 | 2005-10-16 01:00 | In My Life

ソクラテスの弁明

 友人からメールが入る。
 
「日本は弱い」と旦那がフテ寝したと・・・(笑)

気持ちはわかる。
確かに決して強くはない。

でも、昨夜の試合はブラジルでも勝てない。

あのアホ審判のおかげで、試合がボコボコにされた。
ちゅーか、審判が試合を作ってしまった。


たとえば・・・

中田がボールを持ち、前に出ようとする。
反則のタックルが入る。ヒデが、あのヒデが倒れる。

んが、ホイッスルは鳴らない・・・ゲームは途切れない。

中田がボールを持った時点で、
日本選手の“気持ち”も前を向いている。

そこで倒されると、まず1回“気持ち”が切れる。
しかも「反則だろ」と判断してしまうから、
“気持ち”はそこで止まる・・・

というか、体重が後ろにかかる感じだ。逆にね。

ところがギッチョン、ゲームは止まっていない。
「エーーーッ」

・・・ウソだろ
と思っているスキに、速攻がくる。

これはツラい。
しかも、これが1回や2回じゃないから、たまらない。

おまけに、日本のなんでもないプレーは反則になる。
よくぞ、よくぞガマンしたものだと・・・。

エライなぁ、アイツら、若いのに。

つまり、あんなもんサッカーでもなんでもないので
勝とうが負けようが、どーでもいいんです。

以上、ジーコの友人、ソクラテスの弁明でした。

・・・誰がソクラテスじゃ!
[PR]
by deco-kubo23 | 2005-10-13 22:55 | In My Life