Decoっぱちな夜

カズが甲府にやってきた

 凄い動員力だ。

 いつもは、6000から7000がやっとこさなのに・・・
いきなり満パイ、1万4000人! 倍ですばい。

 ふだんはサッカーのサの字も出ない
オバちゃんたちの会話の中にも、カズは現われたらしい。

 カズは決して上手くはないし、身体に恵まれたわけでもない。
彼以上の才能を持ったヤツはごまんといる。
でも、甲府で1万4000人呼べるヤツは他にはいない。

 「オファーがあればどこにでも行くよ・・・」

 カズはサッカーが大好きな、意志と努力の人だ。

d0061608_1650151.jpg
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-10-03 16:52 | In My Life

サンダンス・キッド

 ヤンキース対レッド・ソックスを観ていると
ネット裏でロバート・レッドフォードが観戦している。

 いやー、老けたなぁ、天下の二枚目も・・・
地元ボストンのファンに囲まれていると
ごくごくフツーのアメリカのおじさんにしか見えない。

 首位決戦に拍手し歓声をあげ、ヤジっている。
普通の人々の中に、ナチュラルに溶け込んでいる。

 日本のゴジラは3打席連続でヒットを打った。

d0061608_1037257.jpg
この映画の主題歌
「雨にぬれても」もいいすね
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-10-01 10:42 | In My Life

焼きソバの味方

 三夜連続で、ダジャレキングの登場だ。

 バーベキューの締め、といえば焼きソバだ。
腹いっぱいでも、焼きソバはベルバラ・・・別腹だ。
ところが鉄板をお忘れです、みなさん! 

 さて、どーしよう?
ダジャレキング、慌てず騒がず川底から鉄板を調達。
どこかのマナーレスのアホが捨てていったものです。

 キレイキレイにして、焼きを入れて殺菌するも、
安モンの鉄板は、表面の鉄とサビがボロボロボロボロ・・・
ソースをかけなくてもソバに色が付くっちゅーの。

 さて、どーしよう?part2
慌てず騒がずアルミホイルを鉄板の上に敷く。
油を入れ、豚肉を投入する・・・問題なし。

 しかし、混ぜようとするとアルミ箔が破ける・・・
さて、どーしようPart3・・・しつけーぞっ
野菜を投入後、ビールもぶち込みアルミでフタをする。

・・・そう、蒸し焼きにするわけだ!
はい、解決です。すべて順調。オールクリアだ。
焼きソバというより、蒸しソバの完成ですっ!

 美味かった! アタマは使いようだ。
天才シェフとダジャレキングが組めば、恐いものなしだ。
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-28 23:49 | In My Life

マユミちゃん

 昨日のバーベキューの帰りに
ダジャレキングから「空中ブランコ」を借りる。

 クイクイと読ませ、キーキーとおもしろい。
とりあえず注射するマユミちゃんが素晴らしい。
上から、90ー60-90 の椎名林檎、といったイメージだ(笑)

 ・・・イメージが貧困だなぁ

d0061608_2325401.jpg
空中ブランコ/
奥田英朗

 
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-27 23:27 | In My Life

テントが転倒!

 日曜日はこじんまりとバーベキュー

 なかなか渋い場所を発見する。
枯葉のジュウタン、見上げれば台風一過の青い空。
暑くも寒くもない、涼しくて爽快そのものだ。

 タイトルのダジャレは、若き自治会長の作品だ^^
自治会長をやっているおかげで、ダイエットに成功したそうだ。
早い話、ストレスのたまもの・・・不健康じゃん。

 で、ダジャレキングの妻もまた、林家パー子・・・・・並みの強豪だ。
ムツゴロウさんが象に襲われた話をしていると、
「えーーーっ、じゃ、象になった少年だねぇ」!!!

 ゾウになってどーすんだ。
 象男か?

 強豪は日に一度は大幅にボケる。
我々は楽しく微笑ましくツッコミを入れるが、
自治会長いわく・・・

「オレは毎日だからね!笑っちゃいられんだよ」

・・・おたがいさま、だと思う。
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-26 21:50 | In My Life

曼珠沙華

毎年、まったく見事に彼岸に咲く。

d0061608_23221355.jpgスッと立ち上がり
一輪でも群生しても
ひと目を引く。

ここにいるヨ、
ってね。










曼珠沙華 恋する女は
曼珠沙華 罪作り
命すべてを 燃やし尽くすの
白い夢さえ 真紅に染める

と、百恵ちゃんも歌っています
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-24 23:34 | In My Life

小さな願い

 昨日から今日にかけてWowowで
「ベスト・フレンズ・ウェディング」と「ラスト・ワルツ」を観た。

 「ベスト~」のほうは、大ざっぱに言うと、
ジュリア・ロバーツとキャメロン・ディアスが同じ男を取り合う話だ。
レストランでの婚約パーティーかなんかで、♪「小さな願い」が
他の客を巻き込んで大合唱になるシーンが素晴らしい。

 遊覧船の場面といい、とにかく撮影が美しい。

 で、今朝のこと------
ストレッチと西野式呼吸法・アレンジbyDecoっぱち、をしていると・・・

 「ラスト・ワルツ」をやってるじゃあーりませんか。
おーーー懐かしいぞ!マディ・ウォーターズのところから真剣に観だす。
ロビー・ロバートソンもリック・ダンコも若いなぁ。

 ガース・ハドソンが、最初蹴球・・・週給10ドルで音楽の先生として
バンドに雇われた、ということを知る。
当時のお堅い白人家庭では、ロックやジャズなんかは、
悪魔のやるグロテスクな音楽だと言われていたそうだ。

 オモシロついでに、この際だから、エンドロールまで観てしまう。
・・・すると撮影監督・カメラマンのクレジットに
マイケル・チャップマン、ビルモス・ジグモンド、ラズロ・コバックス
といった名前がズラズラと出てくる。

 ビルモス・ジグモンドは「未知との遭遇」のカメラマンだな、
えーと、ラズロ・コバックスも名前は知ってるぞ・・・
で、GoogleへGO!

 ここでつながりました。
「ベスト・フレンズ・ウェディング」を撮った人でした。
そーかそーか。偶然とはいえ、ちょっとうれしいような・・・。

d0061608_1424169.jpg
The Last Waltz/
THE BAND
d0061608_1428142.jpg
My best friend's wedding
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-24 14:34 | In My Life

エナンのバックハンド

 テニスをちょこっとやった。 

 少し、ほんの少しだけど
バックハンドが上達したような・・・

 ・・・気がする。

 コースを狙ってパッシングが打てる・・・

 ・・・ようになりたい^^

 この世に美しいものは数々あるが
エナン・アルデンヌのバックハンドもそのひとつ。
 
 バックハンドの美しさでは
シュティヒ・グラフのスライスと双璧だ。

 といいつつ、シロート考えですから
まったく根拠というものは、ありません。
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-23 23:49 | In My Life

狙い撃ち

 今夜はサッカーの会合。市の施設へGO!

 早めの到着も、すでに駐車場は満ぱい。
しょーがないので、路チューに決定。
外に出てロックし、ミラーを折る。

 路上を見渡すと・・・
チュー禁しているクルマは一台もなし。スッキリしすぎているぞ。
当然ここら一帯、市の施設の周辺だから路禁区域だし。

 ・・・やばいな、こりゃ
思い直して、駐車場へリターン。
“止めちゃダメよ”の黄色いラインの中へ無理から止める。

・・・大正解!

 会合を終えて玄関を出ると、
路上で、赤いパトランプがぐるんぐるん回っておりました。

------狙い撃ち?罠(ワナ)? 飛んで火にいる夏の虫・・・か?
 
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-21 23:37 | In My Life

おじーさんは芝刈りに・・・

 大邸宅の、広大な庭の芝刈りはつらい^^

 電気バリカンのような小型芝刈り機。
そーさねぇ、最初の10分ぐらいは楽しい(笑)

 人は秋と言うが、まだじゅーぶん暑い。
ヤブっ蚊がチョロチョロと顔のまわりをうるさい。

 完全防備でのぞんでいるから
蚊のヤローの狙い所も、顔の一部に限られる。

 ほっぺあたりに果敢に挑んでくる。
手ではらうが、連中もあきらめない。

 ついに頭にきて、皮手袋をしたまま顔面をたたく!
メガネをしていたのを忘れたおじーさんは、
メガネにもお鼻にもダメージを負ったのでした。

 メデタシ、メデタシ。
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-19 17:45 | In My Life

落としたバトン

 ビデオカメラのCM
落とした赤いバトン。
・・・拾いに戻る女の子

 きっと彼女は、
次の子にバトンを渡した後、
大粒の涙をこぼすんだろうな。

 そう、リレーでバトンを落とすのはつらい。
小学生ならなおさらだ。
この世の終わりのような心持ちだ。

 ボクも小学校の頃(小学生は“ボク”が相場だ)
アンカー勝負が目に見えていた
米屋の息子との勝負を、逃げたことがある。

 リハーサルは保健室に逃げ
本番当日は“風邪”をひいて
運動会そのものを逃げた!

 なぜあんなに怖れたのだろう。
なにをあんなに恐がっていたのだろう。
おもしろいなぁ、ちびっこは^^

 つまり、あの赤いバトンを拾って
また走り始めた女の子のほうが
よっぽど上等だ、ということだ。

 だって、その場にはいたんだから。
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-16 23:09 | In My Life

人生は百年もつづかない

 巨人イビチャ・オシムは
ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボ出身で
ユーゴスラビア代表の最後の監督だった。

 1992年、内戦で国がバラバラになる直前の
ヨーロッパ選手権に出場するはずだった。

 つまり、自分の生まれ故郷をメチャクチャにし、
親兄弟を今まさに銃撃している民族の出身者たちを率いるという
誰も経験した事のないことをしようとした人だ。

 その巨人は今、千葉で日本人にサッカーを教えている。

 高級レストランやホテルでの食事より、
美味しいことで評判の、小さな食堂を好む。

 「わたしは美味い物が食べたいのであって、高いものではない」

 オシム語録はこんこんと湧き出る泉のようだ。
いっきに読むのはもったいないから、少しずつ読んでいる。
サッカーには何の興味もない人でも、巨人の言葉は沁みるはずだ。

 「肉離れ?ライオンに襲われた野ウサギが、逃げ出すときに肉離れしますか?
  準備が足りないのです」

 http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/
 ここからオシム監督語録をクリック

 
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-13 22:14 | In My Life

不見転

 さて今日のタイトル、なんと読むでしょう?

 正解はミズテン、意味は・・・
“芸者が金しだいで、どんな客にでも身をまかせる事”
・・・とある。 へぇー、知らなかった。

 ちゅーか、わたしはずーーーっと「フミテン」だと思ってました。
意味も・・・
“中身を確かめることなく、作者の名前だけで本を買うこと”
・・・だと。うん、どーよ? 似てるようで似てないような。

 本に限らず、CDや映画でも同じです。
作者の名前だけでその作品を信用し、購買・観賞することです。
俗語、スラングのたぐいだとは思ってましたけど。

 いいまつがいやかん違いは、誰にでもあることながら、
この“フミテン”は、かなり公に目立つところに書いたものだから
ちょっと、恥ずかしいわけです。

 ま、誰も気にしちゃーいないんだろうけどね^^
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-12 22:17 | In My Life

骨音

 選挙に行くと・・・今日の予定、終了~~~ はやっ
というわけで、日曜の午後はまったりと読書だ。
まだ読んでなかったIWGPの3発目。

 文中に「中村俊輔がセリエAの~」とあるから
3,4年前の刊行になるのか。
ほったらかしは、オレの得意技だ。

 途中からハマったドラマ版のほうでは
なんといっても、マコトの母親役の森下愛子がよかった。
そうそう、“焼きソバ”もうまそうだったっけ。
 
 といいつつ、あの焼きソバを作ったのは
マコトだっけ?ババァのほうだっけ?^^
ついでに言うと、オレの作る焼きそばも天下一品、うまいヨ。

d0061608_16503259.jpg
骨音 池袋ウエストゲートパークⅢ/
石田衣良
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-11 22:26 | In My Life

ZEPP

d0061608_23363368.jpg 友人が、店にギターを弾きに行く道々
クルマの中で聴くそうだ。

 わたしが持っているのはこれ一枚だ。
あと、リマスターズってのもあったかな。
・・・その程度のファン??です。

 ただ、携帯の着信はコイツらに限る。

 「胸いっぱいの愛を」「ロックンロール」
 そして、最高にハマる「ブラックドッグ」

わたしの歴代の着信は、断トツでツェッペリンだ。
・・・って、宣言するほどのことでもないか^^
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-09 23:48 | In My Life

恐い話

 カニのバケツの話・・・のついで

 ヘビを3匹捕まえて、
それはそれは頑丈な木箱に一緒に入れます。

 ぜ・・・ったい出られないのを確認して
穴を掘って、箱ごと埋めてしまいます。

 忘れた頃、掘り出してフタを開けてみると・・・

 丸々と太った1匹のヘビがいたんだと。
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-07 22:08 | In My Life

強行遠足 9

 前回“臼田の依田さん”の話を書いたが、
その後、はるか時を越えて“臼田のリンゴ伝説”が生まれたらしい。
詳細はコチラ→三月兎のお茶の会 
 うーん、まさにアップルパイのように甘くてキュート^^
これ読むと、時代的にオレたちは、えれー損をしているような気がするぞ・・・

 さて今回は、バカのウエムラがスルーして行く、のつづきだ。

もっと読む?
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-07 14:21 | 夜のピクニック

相通じるもの

 メジャーリーグ中継を観た人ならわかるはず。
ベンチの中が、凄まじく汚いことが。

 吐き出した噛みタバコやガム、ひまわりの種、
そして、飲み散らかした紙コップなどが散乱している。

 特に紙コップは、ほんの一口だけクチをゆすいだだけで、
その場にほっぽり投げる選手が大半を占める。
ゴミ箱にさえ捨てないのだ! ちゅーか、ゴミ箱などないのだ!!

 残念ながらマリナーズの長谷川が、そうしているのを見たことがある。
・・・“郷に入れば郷に従え”なのか?

 つまり、紙コップなど“資源”ですらないからどんどん使い捨て、
ゴミはゴミ箱に捨てる、という概念はなく、
それはまた別の人---掃除人の仕事、という考え方なのだろう。

 さて、「カトリーナの惨劇」の映像を見ると
避難所やその近辺の異常な汚さが印象に残る。

 日本でも震災や洪水は数多いが、あれほどの惨状にはならない。
被災者ひとりひとりが、せめて身の回りだけでもと、きれいにするからだ。
最低限、ゴミは一ヶ所にまとめるでしょ。

 メジャーのベンチ風景からハリケーンへ・・・飛躍しすぎか?
 案外、核心ついてんじゃないのか?
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-05 22:59 | In My Life

ナーリトカ

d0061608_227144.jpg


 アメリカを襲ったハリケーン・カトリーナ
今日の山梨日日新聞の一面を飾った写真。
・・・・こういう時は“飾った”とは言わねーのか?

 ゴジラが通り過ぎたような・・・
しっちゃかめっちゃかで、よくわからんぞ
と、誰もが素通りしたはずの写真なのだが・・・

d0061608_22132385.jpg


 ・・・あーら、さかさまだったのね。
史上最悪のハリケーンの、史上最悪のミスプリント。
 ・・・で、いったい誰が気づいたんだろう?

 「黙っときゃ、わかんねーって」
と、バックレかかったヤツも絶対いたはずだ^^。
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-02 22:22 | In My Life

アスベスト その2

 さて、自分の家の屋根が「カラーベスト」だったら?
とりあえずそのままでOKでしょう。
固形化されているので、空気中に出ることはないはず。

 ですが・・・
阪神大震災の時は、倒壊した家屋やビルからの粉塵が
何日も街を覆いつくした、といわれています。
当然その中には、膨大なアスベストもあったと思われます。

 そして、建築や土木作業に従事している人間にとって
恐怖の日々は、ずーーーーっとつづくわけです。
どの建材に何が混入されているかなんて、いちいち考えませんから。

 かく言うわたしも、時限爆弾をかなり吸い込んだ身です。
せっかく禁煙したのに・・・そーいう問題じゃねーか。

 アスベストの除去作業をしている映像を見たことがあると思います。
天井や壁のアスベストを、手作業でこそぎ落としているものです。
3Kも3K、最悪の労働のひとつだと思います。
誰が好き好んで、ビニールシートの向こう側へ行こうとするでしょうか。

 その一方で、自分たちの庁舎だけには、
アスベストの使用を禁止していた、腐れ役人どもがいます。

 なんて素晴らしい国でしょう!
[PR]
# by deco-kubo23 | 2005-09-01 22:18 | In My Life